販促Webサイト

株式会社建設ドットウェブ 様

ウェブサイトは見込み客、既存客、
そしてすべてのお客様を
サポートするものでなければならない

高橋 様

課題・ニーズ
  • 導入前のお客様、導入後のお客様、パートナーにとって最適なウェブコンテンツにしたい。

  • サイトへのアクセスを増加し、資料請求やお問い合わせを増やしたい。

  • ウェブサイトのほとんどを自社で更新したい。

ソリューション
  • 導入前のお客様、導入後のお客様別のページを設け、どのステージの方にとっても分かりやすいページ構成にした。

  • 検索ワード調査を徹底的に行いSEOチューニングを施したことでアクセス数の増加が実現した。

  • サイトへのランディング後は、資料請求やお問い合わせページにスムーズに誘導するようなサイト動線を設計し組み込んだ。

  • ウェブサイトのほとんどを更新できるCMS(管理画面)を採用したことで、新機能の追加の更新や、実績のご案内が迅速に行うことができるようになった。

資料請求・お問い合わせ数前年対比で46.3%増

ウェブサイトリニューアルの最大の目的は、やはり「資料請求・お問い合わせの増大」です。ウェブサイトのデザインをリニューアルしたからといって資料請求数やお問い合わせ数が上がることは期待できません。以下の項目を洗い出し検討しました。

・検索ワードの適格性
・検索ワードの検索数
・他の検索ワードの可能性
・検索ワードの組み合わせ
・業界になじむデザインの検討
・トップページに配置するコンテンツ内容の検討
・サイト構成の検討
・グル―パルメニューボタンの数や配置方法の検討
・サイドカラムに配置するコンテンツの検討
・ランディングから資料請求、お問い合わせページへの誘導の検証
・離脱ページの傾向と対策
・資料請求数とお問い合わせ数の目標設定(日別、曜日別、月別、ターゲット別)

上記の項目をひとつひとつ検証し実行していくことで、前年対比で46.3%の増大を実現することができました。

コンテンツ配置を検討したトップページ
見込み客・既存客に最適な見せ方

PUSH型営業とは、こちらから一方的に商品紹介を行ったり、資料を郵送したりする営業手法をいいます。PULL型は引き合いを獲得する営業手法のことをいいます。ウェブサイトを活用して資料請求数やお問い合わせ数を増大する。ということはPULL型営業でなければなりません。既存客にとってもメリットのあるサイトであり、無論見込み客にとってもメリットのあるサイトでなければなりません。そのことを踏まえたサイト構成やコンテンツ配置を何度も検討し現在の形になっております。

機能ページを自由に追加編集
費用をかけずにタイムリーに更新

ウェブサイトの魅力はすぐに情報を発信することができる。ではないでしょうか。更新に時間がかかったり、経費がかかったりしていては、思うように更新作業が進みません。更新作業が進まない=効率的な情報発信ができていない。ということになります。特に多くのお客様は、導入実績や事例のページにアクセスしてくる傾向があります。
当社では費用をかけず自社スタッフでウェブサイトの更新を行い、「機能追加や変更」、「導入事例の追加」を行っております。

導入事例ページを自由に追加
主な機能
  • コンテンツ管理システム(CMS) 

  • 資料請求数お問い合わせ数管理ページ

  • など

株式会社建設ドットウェブ