新着情報 2015年04月09日 MOS(モバイル受発注システム)の関連姉妹製品MOX(モバイル仕入発注システム)が4月9日(木)の日経新聞に掲載されました。

株式会社アクロスソリューションズ(本社:金沢、代表取締役:野村充史、以下当社)のパッケージシステムであるMOS(モバイル受発注システム)の関連姉妹製品MOX(モバイル仕入発注システム)が4月9日(木)の日経新聞に掲載されました。

 

MOXは発注者主導で導入ができる全く新しい形態の業務用モバイル仕入発注システムであり、国内の店舗形態会社向けに展開して参ります。

 

発注側は仕入先(受注業者)が受発注システムを導入していない限り、電子発注を行うことができず、しかたなくFAXや電話、メールを用い仕入発注を行っていました。また、店舗側(発注者)は複数の仕入先に対して、それぞれFAXやメール、電話を使い個別発注する必要があり、本来業務以外に多くの時間をとられています。

MOXは仕入先(受注業者)が受発注システムを導入していなくても、自社主導で導入することができ、商品と仕入先情報を予めMOXに登録し複数の商品を選ぶだけで、仕入れ先が異なる複数業者に一括して発注することができます。

 

当社は今後もお客様から求め続けられる製品であるよう、ソフトウエアの信頼性及びニーズに合った多機能性を武器に、さらなる実績を積んで参ります。

 

 

PDFで見る

mox-20150409

日経新聞電子版

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO85444470Y5A400C1LB0000/

 

 

株式会社アクロスソリューションズ 広報事業部